ホーム 歴史ストーリー

歴史ストーリー

STORY

平安時代
  • 1098源氏の隆盛
  • 1159平治の乱 源義朝が敗れる。頼朝、伊豆国蛭ヶ小島に流される
  • 1167平清盛 太政大臣になる
  • 1180似仁王の令旨 頼朝、侍所を設置
  • 1184頼朝、公文所・問注所を設置
  • 1185平氏滅亡 頼朝、諸国の守護・地頭任命権を獲得
  • 1192源頼朝が征夷大将軍に就任する
  • 11991月、源頼朝が落馬で亡くなり、源頼家が家督を継承する
  • 1203源実朝が将軍に就任する/北条時政が執権に就任する
  • 1204源頼家が伊豆の修行寺で殺害される
  • 1205牧氏の変、北条義時が執権に就任する
  • 1219源実朝が頼家の子である公暁(くぎょう)に暗殺される
  • 12215月、承久の乱が勃発(幕府が乱に勝利)
  • 1224北条泰時が執権に就任する
鎌倉時代
Story 01
頼朝と⾛湯権現
Story 02
源頼朝と北条政⼦
Story 03
⼆所詣
Story 04
源実朝が歌に詠んだ熱海
  • 1192源頼朝が征夷大将軍に就任する
  • 11991月、源頼朝が落馬で亡くなり、源頼家が家督を継承する
  • 1203源実朝が将軍に就任する/北条時政が執権に就任する
  • 1204源頼家が伊豆の修行寺で殺害される
  • 1205牧氏の変、北条義時が執権に就任する
  • 1219源実朝が頼家の子である公暁(くぎょう)に暗殺される
  • 12215月、承久の乱が勃発(幕府が乱に勝利)
  • 1224北条泰時が執権に就任する
江戸時代

Story 01

頼朝と⾛湯権現

火牟須比命(ほむすびのみこと)・天忍穂耳尊(あめのおしほみみのみこと)・拷幡千千姫尊(たくはたちぢひめのみこと)・瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)を御祭神とする走湯(そうとう)権現(伊豆山神社)は、鎌倉時代以前から多くの僧兵を有し、伊豆や相模をはじめ周辺国に権威を誇ったと伝えられています。

1159年(平治元年)に起きた平治の乱で源義朝が破れると、嫡子の頼朝は平清盛の継母による助命嘆願を受けて死罪を免れ、伊豆に流罪となります。流罪となった1160年(永暦元年)2月当時の頼朝は14歳。1180年(治承4年)8月に34歳で旗挙げするまでの20年間を伊豆の地で過ごしました。その後しばらくして、京都の東寺で真言宗を学び走湯権現に入った僧侶の覚淵(かくえん)を師と仰ぎ、彼のもとで学ぶようになります。覚淵は、のちに頼朝と挙兵する加藤景簾(かげかど)の兄弟でもありました

頼朝は源氏再興を祈願して法華経を1000巻読経する誓いを立てていましたが、1180年4月に以仁王(もちひとおう)が平家討伐の命を出したことで事態が急変。同年7月に覚淵を北条時政の館に招いて読経800巻での出陣を相談すると、覚淵は承諾して頼朝の背中を押します。そして8月に頼朝が旗揚げを敢行して韮山の山木兼隆を討ち取るまでの間、走湯権現では勝利の祈祷が行われ、10月に妻の政子が娘の大姫(おおひめ)とともに鎌倉入りするまで二人を守り続けたのです。また、1182年(寿永元年)には、政子の安産祈祷も行われました。

その恩に報いるため、頼朝は走湯権現にたびたび所領を寄進したり、公事(税)を免除したりと経済的に支える基盤づくりを行いました。頼朝の帰依を受けた覚淵は、走湯権現の中心となる密厳院(みつごんいん)東明寺の初代院主(別当)となります。鎌倉の鶴岡八幡宮の別当や、数々の法会に必要な舞童や稚児も走湯権現から招かれるなど、その活躍の場も広がっていきました。

関連スポット
サムネイル
伊豆山神社
詳しく見る
サムネイル
走湯山般若院
詳しく見る
サムネイル
日金山東光寺
詳しく見る

Story 02

源頼朝と北条政子

「鎌倉の尼将軍」と名を馳せた北条政子は、伊豆韮山の小豪族の娘。1157年(保元2年)に伊豆国(現在の伊豆の国市)で北条時政の長女として生まれました。政子と頼朝の出会いは、時政が伊豆へ流罪となった頼朝の監視役に任じられていたことや、伊東祐親に命を狙われた頼朝が時政のもとへ逃げ込んだことがきっかけだといわれています。
『曾我物語』によれば、頼朝が政子のもとへ通い始めたのは政子が数えで20歳になる1176年(安元2年)の3月頃。惹かれ合う二人は周囲の目を逃れ、頼朝が信仰を寄せていた走湯(そうとう)権現(伊豆山神社)で逢瀬を重ねたと伝えられています。伊豆山(いずさん)神社の御神木である梛(なぎ)の葉に政子が二人の名を刻み、手鏡の下に忍ばせて縁結びの祈願をしていたという言い伝えも。

『源平盛衰記』によれば、恋仲となった二人は結ばれることを望みますが、それを知った時政は大反対。平家全盛の時代に源氏である頼朝との縁組は北条家にとって命取りであり、前途は絶望的と考えた時政は、平家一族出身の伊豆国目代(代官)・山木兼隆との縁談をまとめてしまいます。
そして迎えた婚礼の夜。政子はすべてを捨てる覚悟で宴席を抜け出し、雨降るなか七里(約30km)の夜道を駆け抜けて日金山(ひがねさん)を越え、頼朝のいる伊豆山へ逃れて足川(あしかわ)の地に身を潜めます。走湯権現の僧・覚淵(かくえん)のもとにいた頼朝は部下からその知らせを受け、逢初橋(あいぞめばし)で対面したと伝えられています。一般的には、国道135号線沿いにかかる朱色の橋を逢初橋と呼んでいますが、本来の場所は伊豆山岸谷(きだに)地区にある石造りの橋だといわれています(どちらも2021年7月の土石流災害により破損)。

また、熱海の多賀(たが)地区にある宝林山(ほうりんざん)自香院(じこういん)(海福寺)にも、頼朝と政子が人目を忍んで会い、語らったという伝承が残されています。

関連スポット
サムネイル
秋戸郷跡
詳しく見る
サムネイル
逢初橋
詳しく見る

Story 03

二所詣

「二所」とは、源頼朝と縁の深い走湯(そうとう)権現(伊豆山神社)と箱根権現(箱根神社)のこと。どちらも旗揚げ直後の頼朝と政子の苦境に手を差し伸べたことから、頼朝が厚く崇敬したことで知られています。この二所に加えて、頼朝が源氏再興の旗揚げの際に必勝祈願した三島社(三嶋大社)を含む3カ所に参詣することを「二所詣(にしょもうで)」と呼びました。

頼朝が初めて二所詣を行ったのは1188年(文治4年)。前年の暮れに同行する御家人を選ぶと、神事の前に肉食を慎み、水欲で心身を清める「潔斎(けっさい)」を命じます。出発の4日ほど前から頼朝も潔斎を行い、源氏一門や御家人ら300騎余りを率いて1月20日に鎌倉を発つと相模湾岸を陸路で進み、途中の相模川には相模湖区の武将・三浦義澄によって臨時の浮橋がつくられました。走湯権現、三島社、箱根権現に参詣して再び相模湾沿いを戻り、出発から6日後には鎌倉へ帰り着きました。
1189年(文治5年)に奥州征討を行った後、1190年(建久元年)の二所詣では箱根権現、三島社、走湯権現という行程に変更されましたが、『吾妻鏡(あずまかがみ)』によれば頼朝が敗戦した石橋山合戦の現場に立ち寄ることを避けるためとされています。

鎌倉幕府の初代将軍となった源頼朝の参詣以降、二所詣は幕府の公式行事となり、その慣習は1327年(嘉暦2年)まで続けられたといいます。記録によれば頼朝は4回、政子は2回の二所詣を行い、もっとも熱心だった3代将軍源実朝は8回も詣でたと『吾妻鏡』に記されています。

関連スポット
サムネイル
伊豆山神社
詳しく見る
サムネイル
三嶋大社
詳しく見る
サムネイル
箱根神社
詳しく見る

Story 04

源実朝が歌に詠んだ熱海

1203年(建仁3年)9月、兄・頼家の失脚により源実朝はわずか12歳で征夷大将軍となりました。その翌年には後鳥羽上皇の従兄妹である坊門信子(ぼうもんのぶこ)と結婚。祖父にあたる執権の北条時政や叔父の北条義時らに補佐されながら、武士として初めて右大臣に任じられています。鶴岡八幡宮での右大臣拝賀式の際に頼家の子・公暁によって命を奪われ、28年の短い生涯を終えました。

そんな実朝は生前、和歌に親しみ歌人としても名を馳せました。和歌の大家として知られる藤原定家に師事し、定家から贈られた『万葉集』や父・頼朝の歌が収められている『新古今和歌集』などに触れながら造詣を深めて92首が勅撰和歌集に入集されているほか、鎌倉右大臣として小倉百人一首にも選ばました。実朝は短い生涯の中で多くの歌を残し、そのうち663首は22歳のときにまとめた家集『金槐和歌集』に収められていますが、そこには、熱海にまつわる歌も。

「箱根路を わが越えくれば 伊豆の海や 沖の小島に 波の寄る見ゆ」
これは、走湯(そうとう)権現(伊豆山神社)と箱根権現(箱根神社)、そして三島社(三嶋大社)を参詣する二所詣で箱根の山々を越えてきた実朝が、眼下に広がる伊豆の海を見た感動を沖の小島(初島 はつしま)に寄せて詠んだもので、万葉集の秀歌とされています。この歌は、十国峠の山頂と初島公園に歌碑が建立されています。

また、信仰心の厚かった実朝は走湯権現や走り湯も歌に詠みました。おおらかな調べの歌からは、実朝の人柄の一端が偲ばれます。
「走る湯の 神とはむべぞ 言いひけらし 速き験(しるし)の あればなりけり」
「わたつうみの 中に向かひて いづる湯の 伊豆のお山と むべも言ひけり」
「伊豆の国 山の南に 出づる湯の 速きは神の 験なりけり」
「千早振(ちはやぶる) 伊豆お山の 玉椿 八百万代(やおよろず)も 色はかわらじ」

関連スポット
サムネイル
十国峠
詳しく見る
サムネイル
湯前神社
詳しく見る

●出典
『市制施行60周年記念 熱海歴史年表』
『市制施行80周年記念 熱海温泉誌』
熱海市公式ウェブサイト